腸はどこへいった

飲食物店の紹介とレトルト食品の紹介

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりの麺屋 六本木らーめん


大きな地図で見る
六本木通り。俳優座隣り。

六本木ラーメンは、「ザボン」筆頭に高価な店が多いのだが、この新参者もかなり高価だ。

普通の醤油ラーメンが750円で、味噌ラーメンが890円である。
ただ味噌ラーメンは、キャベツ、モヤシ、玉葱、ミンチ状の豚肉が炒められているので、モヤシがのっているだけの「どみそ」より若干コストパフォーマンス的に許せるか。

味としては、意外と薄味の味噌ラーメンで、「どみそ」のような濃いのもいいが、たまにはこういうのもよろしいと思う。

でも、せめて800円で提供できないものか。



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多麺房 赤のれん



六本木通り。西麻布手前左側。

その昔、西麻布山荘(当時の名称はSOMA)というバーによく言っていた頃、帰りにちょくちょく寄った。
なんでんかんでんみたいなただ単に糞濃いとんこつと違い、程よいさっぱりちょっと濃い目の味が好きだった。
久しぶりに訪問。ラーメンをバリカタで注文。

気が付かなかったというか忘れていたが、ここはキクラゲでなく細切りのメンマが入っていた。

予定通りの味で、それなりに満足の一品。

博多ラーメンの元祖!元祖赤のれん節ちゃんラーメン(2食)

博多ラーメンの元祖!元祖赤のれん節ちゃんラーメン(2食)

価格:840円(税込、送料別)


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かおたんラーメンえんとつ屋 南青山店



西麻布、高樹町の交差点を青山方面に。乃木坂のほうへ斜めに曲がる。

15年ぶりくらいに、ほったて小屋に訪問。
こんな小さいほったて小屋だったのかと、店の異形ぶりに圧倒される。
狭いドアが閉まっていて、営業しているのかわからないし。先客がドアから出てきたので、営業しているとわかった次第。

以前は気付かなかったが、塩や味噌もあるんだが、オーソドックスに醤油味のラーメン650円を注文。

アッサリした、しかし何が入っているのか良く判らないスープは健在。もやしが入っているのは予想通りだったが、サヤエンドウが入っているのは想定外。あんまり好きでないので、それだけ残しましたよ。
深夜にしか利用したことがなかったのだが、昼は麺の大盛またはライスがサービス。

【宣伝】
素食 菜食 ベジタリアン 台湾 漢方ラーメン インスタントラーメン 即席ラーメン 健康食品インス...

素食 菜食 ベジタリアン 台湾 漢方ラーメン インスタントラーメン 即席ラーメン 健康食品インス...

価格:665円(税込、送料別)



かおたんも薬膳っぽいスープです。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Jewel of India



六本木、ミッドタウンと六本木通りの間。

冴えない名前の店だなと思ったら、チェーン展開をしているようだ。筑波にもあるようだ。

惹かれたのは、バイキング999円だったから。
内容は、カレー4種類、ライス、ナン、タンドリーチキン(1ピース)、サラダ、デザート。
タンドリー以外は、食べ放題となっている。さて・・・

カレーは、チキン、キーマ、野菜、ダル。
チキンは、小さく切られたもので、安物感が強いものだったが、まあまあだ。しかし、まったく辛くない。
キーマは、かなり肉肉している。これもまた辛くない。こっちよりは、チキンのほうが旨いな。
野菜は、トマトを避けて入れていたらジャガイモしか入らなかった。カレー自体の味が感じられない。
ダルも、野菜と同じ。
かなり、ガッカリな内容。

ライスは、インディカ(タイ?)米のプレーン。ターメリックライスではない。
ナンは、バイキングテーブルに大量に置いてあるのでなく、焼いたのを持ってくる。小ぶりで、もちもち感にかけるか。
タンドリーチキンは、それなりに大ぶりで、まあまあの味だ。
サラダは、キャベツばかりで、それはまあいいのだが、ドレッシングが謎のフルーツな味。
デザートは凄く甘い、マンゴーのヨーグルトジュースみたいなもの。

飲み物は別料金だしで、八重洲、人形町のインド料理バイキングに比較すると、残念ながらかなり劣る内容だ。
まあ、量だけはその気になれば食える。チキンとライスがほとんどになりそうだけど。

夜は、居酒屋営業で、インド料理だけでなく、枝豆、焼き鳥なども提供している模様。茅場町にも似たようなインド料理屋があるが、ブームなのか?

【宣伝】本格インド料理 増量中☆特価☆選べるカレーとプレーンナンのセット


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

玄品ふぐ 六本木の関


玄品ふぐ 六本木の関


六本木、東京ミッドタウンの向かい。

2週連続の廉価版ふぐ。この日は、前回の「とらふぐ亭」のライバル「玄品ふぐ」。
アダルトな人間が多いので、コースもワンランク・アップ。皮、てっさ、てっちり、雑炊、デザートにふぐ唐揚げがつく醍醐コース+飲み放題6500円。

総勢20人くらいだったが、焼酎の一升瓶がサービスされた。そもそも飲み放題なんですけど・・・

また飲みすぎて、てっちりでは2切れくらいしか食っていない。雑炊もまたもやパス。

【宣伝】心遣いがきちんと伝わる箸置です箸置き・ふぐ(織部)



テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

白兵衛


白兵衛


六本木交差点。4a出口すぐそばのビル、階段下る。

「黒兵衛」という名前だったが、西の有名店にクレームをつけられて名前を変えたとのこと。
以前から、麺が来る前、チャーシューを七輪で炙る店と聞いていた。

「白兵衛らーめん」800円をオーダー。
チャーシュー2枚、ほうれん草、メンマ、海苔、ネギが別皿で七輪と来る。
チャーシューを炙って、ネギを焼けという。
しばらくして麺が提供。刻みネギだけが入っていた。

スープは、豚骨醤油+魚介。

味は、普通。ど真ん中の土地代もあるだろうが、800円は割高だ。
つまみメニューが多く、テーブル席が多いので、飲み屋使用に適していそうだ。
しかし、平日の7時くらいに入ったのだが、先客が1名で、後から入店0名。
いよいよ飲み屋使用に向いている。

【宣伝】懐かしの中華そば醤油味みそ味詰合せ人気です♪★黒鉄屋赤兵衛黒鉄屋黒兵衛詰合せ



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

NIRVANA NEW YORK(六本木)


NIRVANA NEW YORK


東京ミッドタウン ガーデンテラス1階。

ニューヨークに2002年まで存在したインドレストラン。ミッドタウンに、そのコンセプトでオープンした。
インド料理という内装、従業員で無い。厨房が覗かれるが、東アジア系がほとんどで、南アジアな人物が一人しか見当たらない。一抹の不安を覚える。

まず、通しみたいに、パパドみたいなものと薬味がくる。チャージとしては、500円取られる。
メカジキのスパイシー・ティッカ 2000円
ラム肉のキーマ・カリー 1800円 辛さ☆
名前を忘れた南インドのカリー 2300円 辛さ☆☆☆☆
 中身は、チキン、ラム、フィッシュなどから選択可能で、チキンをオーダー。
ガーリック・ナン 550円
バター・ナン 550円

料理とカレーは、ちょびっと高い感じだが、量がけっこうあるので、コスト・パフォーマンスはいい。
ナンは結構潤沢だ。食事後は、腹がいっぱいになり、帰宅してからも、何も食えない、何も飲めない。

肝心の味は、変な創作も無く、インド料理屋と呼べる安心できるものだった。
辛さ最高度の奴は、かなり辛かった。これは、一人で全部は食えない。旨かったけど。

アルコールは少し高めで、二人で合計12000円。

【宣伝】パパド ガーリック Papad Garlic-食器・食材:インドの食材:インド直輸入の食材



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

香妃園(六本木)


香妃園


スクエアビル跡地斜向かいあたりの瀬里奈のビル二階。

老舗です。交差点近く今の本屋あたりにあった頃は、何度か行ったものだが、移転してからは初めて。

いつも頼む「牛肉とニンニクの芽の炒め」「鶏煮込みそば」を注文。ここのカレーが食いたかったんだが、同行者に拒否されて、くらげを注文されてしまった。

くらげが嫌いなわけじゃないのだが、3000円前後する上に、量が尋常ではない。当然残るしで勿体ない!

今度は、もっと大勢できて、カレーをオーダーの中に紛れ込ませてやる。

辛くなくて甘いのだけど、中華料理屋のカレー好きだ。

それにしても、「牛肉とニンニクの芽の炒め」信じられないほど早く出てきたんだけど、何故?

香妃園 (コウヒエン) (中華料理 / 六本木)
★★★★ 3.5



↓【宣伝】牛バラニンニクの芽炒め用500g

中華ではバラ肉ではないけど。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

本格中華麺店 光麺 六本木店(六本木)


本格中華麺店 光麺 六本木店


六本木交差点を乃木坂方面に向かう左側、ホテルアイビス先。

どの店舗も小奇麗な店。

つけめん(880円)を食す。太縮れ麺。具は、メンマ(四角く太目)とチャーシュー一枚、海苔二枚。ランチタイム(11時~17時)は、大盛、ライス、味玉、杏仁豆腐、プリンのいずれかがサービスなので、味玉を頼んだ。

流行の魚介の効いたつけだれ。麺の量は、一般のつけめんとしては少ない。味は、まあまあ旨いが、感動するほどではない。

よってもって880円という、かなり自信満々な価格を考えると極めてコスト・パフォーマンスの悪い一品である。

今度は、普通に「元祖光麺」を食ってみよう。680円だったか。

↓【宣伝】池袋発祥。人気の行列のできる、東京ラーメン店「光麺」しょうゆ・とんこつ・塩の3食セット。


光麺 六本木店 (コウメン)


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

 | HOME | 

FC2Ad

 

Pitta!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

カテゴリ

ユーザータグ

ラーメン 人形町 カレー 銀座 茅場町 中華料理 川崎 洋食 渋谷 豚骨 立ち食いそば そば 味噌 大井町 新橋 インド料理 焼き鳥 醤油 カレーライス 水天宮前 六本木 蛎殻町 品川 八丁堀 大森 門前仲町 うどん つけ麺 とんかつ 新宿 居酒屋 日本橋 香港 焼肉 定食 お好み焼き 立会川 八重洲 三越前 寿司 イタリア料理 カツカレー 沖縄料理 パスタ ピザ 東銀座 神保町 箱崎町 蕎麦屋 有楽町 インドカレー 豚骨醤油 スイーツ 新川 築地 浜町 餃子 バー もつ鍋  横浜家系  ジンギスカン 東京 四谷 ハンバーガー 大盛 もんじゃ ステーキ 自由が丘 堀留町 ららぽーと横浜 神田 スパゲッティ 和食 三軒茶屋 弁当 ファーストフード 埼玉 東日本橋 ネパール料理 フランス料理 焼鳥 箱崎 九段下 市ヶ谷 無国籍料理 

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

 

Google Adsense

ランキング

ご紹介







e-shopワインマーケットPARTY



バナジウム天然水をご自宅に宅配!ウォーターサーバーは無料レンタル・ボトル回収不要!/富士青龍水

ビューティライフ









ハピネット・オンライン わくわく夏祭り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。